2014年1月例会

 1月26日 リバーサイドホテル 9F・第3会議室 12時から 晴れ

 ○参加者  
       高見、村山、西条、葛城、川崎、田辺、伊藤、増本、藤本、村上、長曽我部、長尾、佐藤、山内、山本(博)、
       田中(博)、堀田、難波、渡辺、三宅、古賀、北川、真子。
  

完成機
高 見 ボートSBU−1  (1/50)
下塗り&モック等
高 見 ノースロップ C−125 (1/50)
難 波 ピァッジョ PA-180 アデビ   (1/48)
葛 城 ノースアメリカン F-100D (1/50)
西 条 エンブラエル EMB-110 バンデランテ (1/50)

 

本日は恒例弁当付き総会とあり12時前から多数の会員が出席、会食が始まるまでの ひと時「薬自慢」で花が咲く。往年の例会では考えられなかったこと!!?
● 13時20分から総会スタート(出席者22名) 終了14時40分。
● 会長から会及び会員現況の報告。
● 第20回会展関係
  a 第20回はこれまでの一区切りとして盛大に11月1〜3日まで3日間開催。
  b 20回と言えば40年の歴史がふり、個人の集大成とも考え新旧作品含め楽しい展示法で賑や
         かにやる。作品の無い人も「こんなことしてます・・」と資料、写真等一人一点は出品。物故会員
         の作品も出品してもらうように計らう。
  c 会展を積極的にPRし、新人の入会を諮る。
    軍師・山内シンクタンク殿の旗振りで彩雲会PRパンフレット等を作り会長とともにTV局、新聞
         社等にアタック。マスコミ関係、生涯学習、自衛隊地連、模型店に対するパンフレット配布等。
  d 製作流れが分かる作品見本や工具を出品、会展中日に実演しては如何。
  e 今回の二大テーマは「見に来て貰う、楽しんで貰う」で、キーワードは「手作り、
    ヒコーキ模型」では如何。
  f  まだ10ヶ月あると油断せず、責任者とタイムスケジュールを決めて動かないと、何時もの通り
        になるので春には本格的に動くこととする。
● 会計報告 − 満場一致で承認 −
川崎名人が3M製「カッテングシート」各色多数持参し希望者に配布。まだまだ残っていますので管理者・西条まで。3mm厚朴の木も残っていますのでよろしく。
 朴の木と言えば、模型屋さんに朴を見に行ったとき川崎名人が「これやったら5万円やな」とつぶやいたので5万円で引き取ってきた。その後会員に格安で配布したがさすが材木屋さん目利きが鋭く、模型屋さんも喜び会員も喜んだ彩雲会近年でのヒット企画でした。
村上鉄ちゃんおじさんが、先月出品のMig19に吹き付けたというプラカラー銀を持参。ミスターカラーの「SM01 スーパーファインシルバー」で、とにかく発色が良く強度が強いところからマスキングテープを貼っても貼り後が分からないとのことである。銀吹きつけ後にマスキングしたとき銀塗膜表面が剥がれるのが困りものであったがこれで解消される。他のグンゼ製品と混色できるので便利である。 但し、18ml 504円と高く、普通の模型屋さんでは置いてない。
                                                                                                       以上


例会風景 サムネイルをクリックすると大きな画像が表示されます。このページに帰るには、ブラウザーの「戻る」をご利用下さい。

   恒例の昼食・ビール付総会例会です。今年も元気に顔合わせが出来ました。右下は川崎会員提供のカラーシート。


*出品作品(順不同)


高見 保市

  Vought SBU-1 Corsair  Northrop C-125 Raider    各 1/50

作者の一言

今年も月産1機以上を目指してがんばります。C-125は以前からつくりたかったのですが、今般、長尾さんから資料を貰い着工しました。

外野席 今年も有難い製作宣言を頂きました。 休眠中の会員各位へ。入会した初心を想い最低年一機は作りましょうよ。

難波 泰之

 Piaggio P180 AVANTI U  1/48

作者の一言

コックピット・キャビンに時間が掛かりました。ずっとクラッシックな機体を作ってきたので色々戸惑うことが発生しますが、新しい分野も楽しいです。

外野席 新境地にようこそ。完成が楽しみです。次は何に取り組むかも楽しみですね。

葛城 衛

  North American F-100D    1/50

作者の一言 F-104製作の息抜きに、旧作の塗装を落として、改装しております。下塗りは丸山会友に手伝って貰いました。
外野席 超精密モデルはどうしても製作期間が長くなり、息切れが起きてしまうのが辛いところです。ちょいと生き抜きを挟むのは有効かも。

西条 靖男

  Embraner EMB110 Bandeirante  1/50

作者の一言 いよいよ厄介な室内工作です。
外野席  手ごろな大きさが良いですね。窓は一枚ずつ嵌め込む由。がんばって下され。